あなたの家は大丈夫?

塗装業者の見極め方

 
悪質リフォーム業者に注意!

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないように、知っておいた方がよいことをご紹介します。
  悪質リフォーム業者に注意!

しつこい訪問とおどしのテクニックで契約をせまる業者

悪質リフォーム業者は依頼もしていないのに、何度も何度も訪問してきます。
話を聞くと、 「壁の状態が悪い」とか「今すぐやらないと家が傷みますよ」といった営業手法であなたの恐怖心をあおります。
頼んでもいないのに安くすると言ったり、こちらが拒否しているにも関わらずなかなか帰らなかったり、ムリヤリ契約書にサインさせようとしたりします。
特に狙われやすいのはお年寄りが単身で住んでいるお宅で、頼んでもいないのに見積書を作ってきて 勝手に契約を進めるということもあります。
また、ひどい例になると、屋根に登ってわざと瓦を割るという話も聞きます。
メーカーの名前を名乗って訪問してくる業者も要注意です。
こちらから依頼をしない限りメーカーはいきなり訪問はしません。
よって、その際はメーカーに直接問い合わせ、確認を取ることも重要です。
上記のようなことを言う業者があなたのご自宅を訪れたら、決して相手にしないことをおすすめします。


見積もり金額より大幅な値引きをして、手抜き工事をする業者

世の中には相場というものがあり、常識以上に値引きをすると、価格を安くした分だけ手抜き工事が発生する可能性が高くなります。
手抜き工事が行われやすい作業工程は、大きくは次の2点です。

1:必須作業工程を省く
塗装工事の場合、販売価格を安く抑えるのは簡単です。
手抜き工事をすれば良いのです。見えないところを塗らなかったり 塗るべきところを塗らなかったりといった手抜き工事を行うのです。
目視では質の悪い工事でも施工後の状況がきれいに見えたりします。
塗装工事は、施工後すぐの状態では良し悪しがわかりません。
その業者の塗装工事の質が良かったか悪かったかはっきりわかるのは数年後になります。
よって、塗装工事をするときには業者選びが非常に重要な要素になります。
実績があり、会社の所在がはっきりし、信用できる業者を選ぶことをおすすめします。

2:塗装(塗料)の質を落とす
通常、塗装工事をする際には、塗料を3回に分けて塗ります。
下塗り、中塗り、上塗りと言われる工程です。下塗りは下地を塗りますので、 どの業者も手を抜きづらいですが、また違う色の塗料を使うことで塗りモレを無くすことにも繋がります。
中塗りと上塗りで同じ色を使用していると、 どんなに慣れている職人でも上塗りの際に塗りきれていないという場合があります。
ですから、塗装工事が始まる前に「中塗りと上塗りは違う色の塗料を使うんですよね?」と質問してください。
そこで嫌な顔をするような業者でしたら、 消費者に不安を与えない努力と品質向上についての努力が足りない業者であると言っても過言ではありません。
写真を提出する業者もいいでしょう。


施工中にいろいろと追加工事の要求をする業者

悪質リフォーム業者の中には中塗りと上塗りを1回で済ませようとする業者がいます。
塗料のコストと一回分の職人の工賃の削減になるのです。 そのような手口を避けるために有効な方法は、必ず2度目と3度目で違う色の塗料を使うように伝えることです。2度目と3度目の塗料の色が違っても、仕上がりの壁の色には特に影響はしません。
よっぽど違う色の塗料を使わない限り、問題はありません。
現場調査も終わり、提案内容、見積もり金額に納得し、無事契約。
いよいよ着工開始。
良い塗装工事を期待しているところに次々と高額な追加工事の要求・・・これも悪質リフォーム業者の常套手段です。
特に追加工事なので、口約束などで発注すると、施工後に思ってもいない金額を請求されることもあります。 その際は証拠がないので「言った」「言わない」のトラブルになってしまいます。
最初の見積もりの他に追加工事が発生する場合は、施工内容の詳細と施工金額を書面にて提出してもらい 必ず書面にて再契約をした後に工事を開始してもらいましょう。
また着工前に「追加工事の可能性はありますか?」と単刀直入に聞いておくことも多額の追加工事の発生を防ぐ予防策の一つです。
そこで話をうやむやにするような業者は後々追加工事を要求してくる可能性が高い業者です。




悪徳塗装業者を見分ける方法
「営業マンに塗装の知識がない」
これは、自社施工していない営業専門会社の典型的な証拠です。 現在の塗装すらわからない人が見積もりに来て仕事を丸投げします。
例えば料理も出来ない人が料理についてあれこれ言うのはおかしいですよね。
自社施工している塗装業者さんの多くは職人さん、または社長自らが動き営業をしているので、塗装に関する知識は豊富です。
受注後は他社に丸投げの確率が高く中間マージンを取りますので割高になります。
何より、お客さんの要望を施工する職人さんにきちんと伝えることができるかも怪しいし、クレームがある時でも即対応してくれるとも限りません。
塗装の知識がない営業マンの会社には注文を出さない方が無難です。
一流企業が保証を出してくれる(企業が10年保証をします)
悪質塗装業者の手口を知り優良な塗装業者選びの参考にしてください。
 
悪徳塗装業者を見分ける方法

建設塗装業の許可

【塗装工事業・奈良県知事許可(般-**)第*****号】のような登録を持った塗装業者を選ばれると安心です。
最近では悪徳業者が多いため取得が困難になっています。
許可の種類は以下の通りです。

1・「塗装工事業」(国土交通大臣・県知事)10年間塗装業としての実績がなければ 許可されない。
2・「塗装科・職業訓練指導員」(県知事免許)一級塗装技能士になってから受験できる免許です。
3・「一級塗装技能士」(厚生労働大臣認定)実技と学科の試験、難易度が高い試験です。


その他にも関連資格はありますが、主なものは上記のとおりです。
番号が若い順に取得困難ですので、これらの許可を受けている塗装業者を選ばれると安心です。


塗る回数

一般的な塗装は、3回塗ることをご存知ですか? 下塗り、中塗、仕上げ塗(上塗りともいう)の3段階があります。
まず、見積書がこの3回になっていることを確認してください。
下塗り、中塗りは、塗装をする面と仕上げの塗る塗料をくっつけるためのいわば接着剤の役目を果たします。
ありがちな悪質塗装業者の手口として、 中塗りを省略する方法があります。
時間、塗料、工数が減り塗装業者は楽になります。
また、塗料を規定量以上に薄めるという手法もこれと併せ一般的な悪徳塗装業者の典型的な手法です。


あり得ない値引きをする

ちょっと待ってください!何でそんなに安くできるかを考えてください。
注文を取る為に利益を削る、経費を削る を超えた値引きは『材料を削る、ランクを落とす』、『必要な工程を省く』 『安い職人、熟練度の低い職人を使う』等の塗装品質を落とす事に直結します。
最近では我が社は30年の保障を付けますっていう手口が急増しています。
見かけの安さに騙されないでください。
第一、良心的な塗装業者は他社と全く同じにはならないのです。
実績ある塗料、施工方法で行なうものです。


所在地に注意

『住所』が大事です。

なぜ、住所かというと実際に自社施工をする為には、事務所の他に資材置き場等を保有する必要があります。
『会社所在地』がアパートの一室のような場合は要注意です。 注文だけ取り、他社に丸投げの可能性があるからです。
この様な場合は、業者の中間マージンを取られ高くなるか、安いい価格で丸投げする会社所在地がアパートの一室に塗装業者を選ばない。
必ずしも、悪徳業者とは限りませんが、避けた方が無難であることは間違いありません。
ここ最近では”20年・30年保証します”といった手口が増えています。
今塗装してくれるのなら30万円値引きします=安いには 必ず理由があります。
最近見た外壁塗装の広告には、あり得ない程の安い金額で外壁・屋根塗装工事をしますと書いてありました。
広告に書いてある住所を調べた所、所在地が確認できませんでした。
HPには、各都道府県に10ヵ所の支店があり、住所も記載されていましたが、
全ての支店の住所を調べましたら一つも該当する場所がなく、川であったり明らかに
お客様の住宅であったり支店は1つもありませんでした。
広告を見たお客様が自ら住所を検索する事は、あまりないと思います。
しかし、この様な会社が実際にある以上お客様は、事前に自己防衛していかなければい
けないのが今の現状です。
同業者としてお恥ずかしい話ですが業者を選ぶポイントは十分に理解して頂きたいと思います。
会社の所在地は、グーグルマップで簡単に調べる事ができますので必ず住所が書いてあ
るからと安心せず自分の目で確かめる事が必要です。
 

実際にある悪徳な塗装業者の一例


例  外壁100㎡の塗り替えをします。  

1缶当たり材料が、100㎡であれば100㎡÷1缶(12㎡)=8缶という計算になります。   

下地材(2缶)+8缶で、合計10缶必要になってきます。    

1缶当たりの値段は、約10,000円で計算しても、10缶×1,000円=約10万円となります。(実際の値段とは異なります。)   

この、10万円はあくまでも材料代の値段です。    

この10万円だけで、材料代と手間を含み施工をする業者さんが実際にいるのです。    

明らかに他の業者さんよりも、安い業者は要注意です!!    

どう考えても、良い仕事が出来るはずがありません。




 
お気軽にお問い合わせ下さい
フリーダイヤル 0120-95-7722 和田塗建まで!土日祝も対応します。